芸術的なセンスは才能か?努力か?

芸術的なセンスってどうやって身につくの?

小学校や中学校の頃から、絵がうまい人は最初から上手かったし、スポーツが得意な人は何をやってもそれなりに出来ていた。

人は持って生まれた才能がある。

これは、自分に自信がない人間に対してはつらい言葉だ

なぜなら、自分の才能、というか、自分の価値を見出せていないからである

ボクシングチャンピオンになった内藤選手がいるが、小さいころはいじめられていたそうだ

しかし、ボクシングに取り組み努力したことでチャンピオンになった!

このケースで考えると、才能は努力でなんとかなる!

が、絵や音楽の才能となるとセンスが問題になる

もちろん、ある程度の情報収集や他人のセンスに触れることで努力する価値はあるが

世間一般的に認められるほどのセンスまで昇華できるか?というと、まず無理だろう

遺伝子にすでに決められている才能があるとするなら

私たちがすべきことは、自分が持って生まれた才能を自ら自覚し、発揮すること

そのためには、まずは自分自身を認め、愛してあげなければならない

自分を良い目で見つめなければ、自分の良いセンスは見つけられない

否定的な気持ちで見ていると、他人と比べた悪いセンスしか見えない

自分の長所を武器に人生を切り開いていこう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です