妊娠という目標に向かっての活動

『妊活』って言葉が一般的になってきたのはどれくらいからだろう?

わたしが現役で仕事をしていた時には少なくとも聞いたことが無かった。単にわたしの耳に入らなかっただけかもしれないけど。むかし、倖田來未がラジオでひどいことを言って芸能界からいなくなったけど、正確かはわからないけど、「卵子が腐る」だったかな?
たしかにひどい、子供が欲しくても出来ない人からは相当な怒りを買っただろうな
芸能事務所もどうやって火消しをしたらいいのかわからない状況だtったような気がする。

でも、それがきっかけで、卵子って劣化するの?35歳以降の出産ってリスクを伴うの?という情報が伝えられるようになった気がする。これはわたしの主観であって、以前から有名な教授先生方は警鐘をならしていたのかもしれないけど。

いつの時代も情報が大事

大事だけど、自分で探さないと入ってこない、

妊娠できるかどうか、不安にならないと妊活については調べることもしなかっただろう

葉酸ってなに?ってレベルだしね。いろんな情報を集めて今ではなんとか妊活ってことをやれているような気がするけど、もっと早くに性格で重要な情報を提供して欲しかった。

このサイトは参考になったので載せておきます。妊活サプリ 市販

若いころに戻れるならやり直したいなぁなんて、でも、これからだって先がある。
何事も遅いということはないし、一度限りの人生で悔いは残したくない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です